医療法人社団 桃里会(とうりかい) 称号語源

 「桃李(とうり)もの言わざれども下自(したおの)づ蹊(みち)を成す。」

(意味)

 ①徳を備えた人の下には、自然に大勢の人が集まって来て、帰服する。

 ②桃やすももは何も言わないが、花や実が美しいので、その魅力に引か

  れて人が集まり、その下に自然に道が出来る。

 この教えを参考に桃季(桃里)の意味がこの法人事業に適合していると

 判断し称号とする。

 

目指す医療・福祉とは

 桃里会の語源の意を以て、医療と福祉の融合を目指し、奉仕の気持ちに

 徹する人々の集団です。

 この施設では目的を達成するために従事者は徳を備え、研鑽を重ねて、

 利用者様と共に生活し、ご家族様との連携を密に取りながら、心のこも

 った医療と介護を実践することに全力で取り組んでいきます。

  日常の生活は、桃や桜の花木に囲まれ、美しい庭園で四季折々の草花

 を心ゆくまで楽しみながら、豊かで必要な医療を受けられる環境を整え、

 長期にわたるケアを実践していきます。 

【各種お知らせ】

診療科目

・内科

・皮膚科

・整形外科(リウマチ科)

無料レク素材